個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

Blu

HOMEブログページ ≫ 塾長の知恵ぶろぐ ≫

志望高校を早く決めた方がいい理由![和歌山市の個別指導イースクール]

210117①
中学3年生のみなさんへ
今、まだ行きたいと思う高校が見つかっていないという人はたくさんいると思います。
でも、とりあえず志望高校を決めるようにしましょう。
もちろん後から変更しても全く構いません。
志望高校を決めておく最大の理由は、その方が確実に成績が上がるからです。
今まで何度も経験している定期テスト(中間・期末テスト)と、高校入試とは全く別です。
というのも、定期テストは、例え成績が悪くても、言い逃れができました。
的が外れた!とか、授業中の先生の説明がわからなかった!とか、そもそもやっている単元の内容が全くわからない!とか。
そんなもの、ただ勉強をしなかったお母さんへの言い訳でしかありません。
高校入試は、そんなのも全てないまぜにしての容赦なし、結果(成績)が全てです
高校受験は大学受験と違って、浪人なんてまあしませんから失敗は許されません。
だから最終的に、受験に失敗する=志望高校どころか選ぶ高校さえなかった言い訳なんて、誰にする言い訳ですか?
悲しいかな、そんな言い訳にかける言葉(次はガンバレ)もありませんし、『もっと早く勉強しとけば』なんて後の祭りでしかありません。
もう一度、言いますね。
高校入試は、テストの結果が全てです。
志望高校をとりあえずでも決めておこう(今のところでもかまわない)!。
そしてここが重要、その高校に入るためには、どれくらいの成績が必要で、またどれくらい成績が足りていないのか、ザクっとでも把握しておきましょう。
仮に5科目合計で、100点足りていないのであれば、どの科目でその点数を補うべきかもしっかり考えてみましょう。
そうすれば、社会は暗記がめんどくさいとか、わからないから捨てるなんて、言ってられないのがわかるはずです。

不得意科目を捨てて、君は得意科目でライバルと差がつけることができますか?
受験勉強なんて、めんどうなのは百も承知、でも嫌いな科目であってもやるしかないのが受験です。
避けては通れない道。
それなら、ごちゃごちゃ言う間があれば、英単語のひとつ、社会や理科の用語のひとりでも覚えましょう。
そんなの、やるかやらないかだけ!
志望校を決め、真正面から受験に立ち向かっていこうではありませんか!
2021年05月11日 14:32

小学生のみなさん!勉強ができるようになりたいですか?[和歌山市の個別指導イースクール]

小学生210121①

勉強ができる子になりたい小学生のみなさんへ

次のことを実行してください。きっと勉強できるようになるでしょう。

1、元気なあいさつ

2、くつはそろえる

3、ピンと背筋を伸ばした正しい姿勢

4、寝る前に、布団の中で『お母さん・お父さん、今日もありがとう』と唱えよう。


どれもカンタンなことでしょう。

意外!?ですか。

他には、『家族みんなのためのお手伝い』なんてのも、かなり学力アップに有効です。

えっ、ホント! 

全部、勉強と関係ないだろッ!て、思うでしょう。

いやいや、大ありです。

これらはひとことで言えば、全て『生きる力』の源です。

なんで?と考える前に、一度、やってみてください。

どれもすぐにできるはずです。

するとなんだか自然と、体のウチから『人間力(生きる力)』エネルギーが湧いてきます。

この健やかな『人間力』がたまってくると、次第に『勉強をつかさどる脳』が活発に動き出すのです。

ホント、不思議ですよ。

さあ!ぜひみなさんもダマされたと思って、試してみてください。

勉強のやる気・集中力が高まるはずです。

テストの点数を上げるテクニックは色々あります。

でもそれって『人間力(生きる力)』の持たない、全く意味のない学力であって、あなたの将来にはなんの役に立ちません。

2021年04月26日 17:23

中3生、早く受験生になろう![和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生201224
新学期も始まって、来週にはもうゴールデンウィークです。
中3生のみなさん、浮かれていませんか?
それじゃあ、ヤバいですよ。
私(塾長)は春休み前に、新中3生ひとり1人に、受験勉強を一日でも早く始めようと声掛けしました。
というのも志望校合格の決め手となるのは結局、来年受験までの残された一年間で、どれだけの勉強時間を確保できるかにかかっているだからです。
受験勉強のスタートにフライングはありません。
だから1日でも早く、受験勉強を始めた者勝ちです。
受験生の勉強時間は平均、平日で3時間、休日で5時間だそうです。
受験前になれば、誰もが勉強机の前に座るようになっています。
それをいつ始めるか、つまりいつ受験生になるかが、大きなカギとなります。

ゴールデンウィーク前の今週、私は再び中3生一人ひとりに声掛けをします。
「受験勉強のテキスト(復習テスト用に学校指定があったりする)をどれだけやったぁ?」
「ゴールデンウィークまでに、せめて中学1年生の範囲の復習(5教科)をしてしまわないと、その後の受験勉強に出遅れるよ!」
すると、のんきな声が返ってきたりします。
「塾の宿題が多いよ!」
「部活が忙しい!」
そういった子に限って、2年生までと同じ生活スタイルのままです。
テレビも見れば、スマホを好きなだけ、部活で疲れて、睡眠時間もたっぷり。
つまり、そんな子たちの理屈は、受験勉強なんてする間がない!です。
そりゃそうでしょ!、何かを削らないと、何かを我慢しないと、受験勉強の確保はできません。
ここで間違ってはいけないのは、受験勉強は何も強制ではないってことです。
『自分自身のことを思えば。好きな高校行きたいなら、勉強しないとね。』ということですよね。
受験勉強はあなたへのお願いでもなんでもありません。
後から「もっと勉強しておけばよかった」なんて後悔するのは本人なのですから。
絶対少しでも早く受験勉強を始めた方が、楽なはずなのにねえ。
こんなやりとりを塾生たちとやっていても、まだ屁理屈をこねる子もいます。
「まだまわりの友達はそんな受験勉強していないよ」と。
「わかってないね君。だから受験勉強をするんだよ」と私。
実際には、やっていないという子ほど、なんだかんだでやっていたりします。
それを言葉どおり間に受けている子は、結局出遅れてしまいます。

そこで、中3生になるお子さんを持つ保護者の方へのアドバイスです。

ぜひご家庭では、受験勉強を最優先させるよう声掛け・環境つくり【毎日がテスト期間中】に、我が子のためにしてあげてください。
遊びでなく、部活なく、テレビでなく、ゲーム・スマホでなく、睡眠時でなく。
当然のことながら、子供を放っておけば、優先順位の最後が勉強になってしまいます。
これでは、勉強なんてするわけありません。
お子さまがお手持ちの受験勉強用の教材(5教科とも)が未だに新品同然だったりしたら、要注意ですよ。
2021年04月21日 22:42

志望校 合格への心得![和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生200325

まずは、目標となる志望校を決めること

それは、今の学力に見合うものでなくでも構いません。

まだまだ先はあるので、学力UPをはかればいいのです。

でも、志望校合格という大きな成功を得るためには、ひとつ原則があります。

それは、『スモールステップの原則』と言います。

大きな成功は、小さな成功の積み重ね、スモールステップを一歩一歩のぼって行くことが、結果的に大きな成功に結びつくという原則です。

目の前にある具体的で確実に達成できそうなこと、例えば塾の宿題や暗記1ページなど、小さい目標に挑戦し、確実な成功体験を味わってください。

ここが要(かなめ)。

わずかな努力・頑張りでできるような目標に挑戦し、わざと自分を成功させることで、君は成功する喜びや『充実感』を得ることができます。

達成できた自分に対して、「オレってできるやん!」・「あたしにもできたやん!」と

自信がわいて『有能感』が高まります。

小さな成功を何度も繰り返すことで、まぐれや偶然ではなく「やれば、できるぞ!」と、志望校という大きな成功に向けての手応え・やる気が自然と生まれてきます。

その結果、自信をつき、あとは勉強がどんどん楽しくなってきますよ。

2021年04月18日 00:41

子供のやる気をつぶしてませんか?[和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生201129

【『子供のやる気』は、お母さんの言葉で決まる!】

子供のやる気を引き出すもつぶすも全ては、お母さんの言葉次第です。

子供のやる気をつぶす言葉とは、どういったものでしょう?

「また〇〇してない!」

「なんで〇〇しないの?」

「〇〇しなきゃダメでしょ!」

など否定的な言葉です。

時にはいいかもしれませんが、こういう言い方をいつもされると、子供のやる気はイッキにしぼみます。

<じゃあ、またしなくていいんだぁ>という子供の勝手な解釈になるわけで、逆効果。

もちろん子供も、頭ではいけないことは分かっています。

それだけにお母さんの言葉に図星の非難を感じると、素直になれず、頑張ろうという気も失せてしまいます。

では、子供のやる気を引き出す言葉とは、どういったものでしょうか?

「〇〇するといいよ」

「〇〇するとうまくいくよ」

「〇〇すると気持ちいいよ」

など肯定的な言葉です。

「〇〇が上手だね」

「〇〇を頑張ってるね!」

「〇〇ができるんだね」

のほめ言葉もいいでしょう。

ポイントは、お母さんの怒り感情をグッと堪え、子供にストレスをぶちまけてしまわないこと。

どうです?。

思い当たる節がありませんか。

時にはこういう言い方をお母さんにされると、子供はやはり子供、うれしくなるもんですよ。

どこかむずかゆくも素直に心を開き、不思議に頑張ろうという気持ちになれちゃうんです。

ちょっとした言葉の使い分け、その力は絶大です。

私も塾生にかける言葉選び、突いたり引いたり大変です、な~んて。

この機会、お母さんも自分の口グセを見つめなおしてみてはいかがですか。

2021年04月05日 13:28

受験(勉強)に失敗しないために![和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生201226①
新しく中3生になる皆さんへ
受験(勉強)に失敗すると、そもそもどういうことかわかりますか?
入試で落ちるとことだと思っているなら、それは大きな間違いです。
高校入試では、大学入試のように落ちたからって、浪人するようなことはありません。
だから最初から合格できる高校に受験するのが現実です。
では、受験に失敗するとはどういうことかというと、『志望高校をいけなかった』ということです。
中2も終わり、だいたいの自分の実力も分かっていますから、それの見合わない高校を志望することはないはずです。
だから、これくらいの高校には行きたいというのが、志望校です。
でも、受験直前の模試で、合格できる点数まであと少し足りなかったため、泣く泣くランクを下げて、志望校を断念した。
これが本当の受験に失敗するということで、入試前にもうすでに失敗が確定しているのです。
これは、ホントつらいですよ。
だからこその今、この春休みにある新中3生に向けてのアドバイスです。
受験勉強のゴールは入試日だと、スタート日はどこだと思いますか?
そんなありませんよ。
いくらフライングしてもいいのです。
フライングした者勝ちです。

逆に言えば、出遅れた者が負けるのです。
次のテスト(一学期の中間テスト)までは、まだまだあるなんて、今までみたいにのんびりしていてはダメですよ。
一学期の中間テストと同時期に、受験のための復習(実力)テストがあるはずです。
同じく期末テストの頃にも同様に、復習(実力)テストがまた来ますよ。
いつもの定期テストと同時に、復習テストの為の勉強(1・2年生の復習)なんてできますか?
そんなのいきなりできるわけがありません。
だから、受験勉強の具体的な目安として、4月終わりのゴールデンウイークの頃までは、1年生の学習内容の復習を終えてください。
5月からは2年生の分の復習が始めてられるくらいの計画にしておかないと、後の祭りになりますよ、絶対。
そのための勉強時間として、平日は3時間、祝祭日は5時間、つまり春休みも5時間を確保するようにしましょう。
早くこのペースに乗れたものから順に、志望校合格の席が確保されるのです。
これは今、私(塾長)が新3年生ひとりひとりに言っていることです。
これを読む皆さんも、早く実践し、受験生になってくださいね。
応援しています!
2021年03月24日 22:23

広範囲の暗記が苦手なのは![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201120⑦
社会や理科の定期テストになると、どうしても広範囲になるため、暗記の得意・不得意が出てしまいます。
暗記なんてただ努力・我慢、覚えばいいだけと言ってしまえば、終わりなのですが、現実そうでもありません。
だって、暗記が苦手ってあるわけですから。
では、何が原因か?
①そもそも、暗記する内容がどういったことなのか、理解できていない。
内容が難しいからとかでなく、極端な話し、漢字が読めていないとか、人物や出来事など何を指しているのかさえ分かっていないことがあります。
それでは、暗記する言葉自体が、何の相関性もないただ記号と同じです。
②中身が分かっていても、暗記でできない。
紙に書けば暗記ができると、言われるがまま実践しても、なかなか無理な子もいます。
これも極端な話し、小学生の漢字ドリルと同じ、その漢字を見ながら何度も書き写しているだけ、英単語なら単語でなく、アルファベットを写しているだけです。
つまり、考えられないような話しですが、暗記するという目的をさらさら無視しているのです。
そんなバカな思うかもしれませんが、暗記できないとはそういうことです。
暗記が目的なのに、丁寧にゆっくり書いていたりしませんか?
これも実は、暗記するという目的を分かっていない証拠です。
もちろん書いて覚えることはいいことなのですが。
暗記する目的を理解できている子は、速く読めない字で書いていても、しっかり暗記できています。
この違いは、意識が覚えるということにあるのです。
ことさら広範囲の暗記なら、いかに効率よく暗記できるかをいつも意識しているかがカギとなってきます。
しっかり覚えるように、ひとつのことを何度もゆっくり丁寧に書くのもありでしょう。
でも範囲の最後まで暗記勉強をしても、最初のところは忘れてしまっていませんか?
なら、とにかく2・3回ずつ早く書きなぐるように、範囲を何度も繰り返すのもいいでしょう。
でもそれで頭にしっかり入っていますか?
言いたいことは、書く回数とかスピードのことではありません。
定期テストなので、限られた時間で効率よく覚える必要があります。
覚える能力、適した方法は、人によって違うものです。
でも、覚えるコツで共通して言えることは、《覚えるということをいつも意識している》ということです。

今の暗記の方法だと、覚えられないというなら自分で工夫してみてください。
それが前よりも覚られる仕方なら正解です。
最適な方法をいつも意識しながら、それをいつも上書き保存していくのです。
暗記の仕方を工夫すること自体が、勉強の仕方とも言えるでしょう。
このことを子供たちに実感として分からせてやるのは、なかなか難しいことなのですが。
パッとできれば、みんな天才ですよね。
2021年03月02日 14:48

志望校合格を絶対勝ち取る秘訣![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201204①

これからをお話しすることを理解し実践することで、志望校への合格率が断然アップします。

さて、学校の普段の中間・期末テストでは平均点が出てきましたよね。

平均点より何点上だったとか、平均点がなかったとかで一喜一憂したと思います。

でも実はその平均点って、よく考えると存在しない数字です。

数学的にいうと、決して最頻値ではありません。

例えば80点が何人もいて、40点も何人もいるならば、結果60点が平均点となるわけです。

つまり、これってできる子とできない子に2分されており、学校の定期テストでは往々にして起こっていることです。

でも、入試では違います。

平均点があります。

平均点こそが意識すべき数字で、それが志望校の合格ラインとなるのです。

なぜかというと、皆さんは、ここだと志望校を決定して受験しますよね。

それが全員に起こっているわけです。

つまり、その学校を受験すると決めた段階で、ほぼ同様の学力の人間が受験するのです。

まさに平均点こそが、その学校受験者全員の学力です。

これをよく知った上で受験しようとすれば、その戦い方も変わってくるはずです。

ここに勝てる秘訣が隠されているのです。

もし入試で自分の出来そうにない問題ができてきた時は、迷わず後回しにすること。

自分ができないということは、となりの受験者も解けていないはずだから。

では、どこで勝負するのか。

学力が似た者どうしで勝負するときは、ミスをするかしないかが勝敗を分けるのです。

だから、自分で日頃できている問題は絶対に間違わないこと。

それこそが志望校合格への切符となります。

「解かない問題があって時間が足りなりなくて、問題を見直す間がなかった」なんてよく耳にしますが、絶対に見直し、凡ミスを防いだ方が有利!。

だって、みんなが平均点にいるということは、合否を分ける1・2点の違いに何人も存在しているという意味ですから。

それが多教科受験となるわけで、それで10点以上の差となっちゃいます。

怖い怖い!

自分にとっての難問を時間をかけて解いても、正解できなかった経験ありますよね。

仮にそれが解けても、10点もないはず。

だから、無理して難問を解きにいっては絶対ダメ。

そもそも入試問題は、学校の定期テストと違って、時間内の思考で100点取れるようにはなっていません。

入試に勝負していることは、それは・・・

『時間内にできるだけ多くの正解を出すこと』

と、学力が同じ受験者の間で競争なると自ずと・・・

『自分で解ける問題は絶対にミスをしない』

よくよく心得ておいてください。

2021年02月24日 13:59

伸び悩み・スランプの解決法![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121⑥

本題に入る前に、『もう受験生』と聞いて、どう連想しますか?。

普通、中3年・高3生と想像するのが一般だと思います。

いやいや進学高校あたりだと、高2の秋からもう受験は始まっているなんて言われるかもしれません。

なら、それでもけっこう。

実はこの発想の中に、『伸び悩み』いわゆる『スランプ』の秘密・原因が隠されています。

そしてそれは知れば、打開法も見えてくるはずわけです。

さて、『伸び悩み(スランプ)』って、何か明確な目標ができて、それに到達できそうになくなるからこそ、初めて伸び悩むわけですよね。

これを受験生に落としかえると、目標とは志望高校・大学への合格であって、その目標達成に向け、懸命に勉強しているけれども、そこに突如、壁が現れたわけですよね。

このぶち当たった壁、固くて壊れそうにない、乗り越えように高すぎるんじゃないかと。

つまり、このままじゃ、合格できないという壁です。

でも見方を変え、各個人で見ると、これという明確な目標を決めて勉強をしているわけですから、必ず誰しも成績が昨日よりも今日、今日よりも明日と着実に右肩上がりとなっています。

そうなんです。

誰しもがみんな一生懸命勉強して、成績は伸びているのです。

だからみんな揃って、成績がほぼ同じ角度の右肩上がり。

ここで忘れていけないのが、受験とは他人との比較・競争です

となると、『伸び悩み(スランプ)』の原因は困ったことに、自分の成績向上を示す傾斜の先には志望校がないということですね。

では、打開策・解決方法です。

答えは明快、2つの方法があります。

ひとつは、できるだけ早くから受験勉強を始めること。

当然、そうなりますよね。

少なくとも一般的な受験生よりか半年前、つまりみんなが本格的に受験勉強始める、中学生なら中学2年の秋、高校生なら高校2年の春です。

もうひとつは、ひとつ目に述べた時期がもう過ぎてしまっていた時です。

そう今すぐに自分昇る成績向上の傾斜角度を高めるしかありません

このままじゃあ自分の行く傾斜の先には志望校がないわけですから。

それに気付けただけでも、めっけもんです。

今すぐに自分昇る傾斜角度を高めるしかありません。

本当にその志望校合格を望むなら、今すぐ『覚悟』を決めてください。

部活帰りで、眠いなんて言ってられません。

ちょっと休憩、スマホで動画を見てる場合じゃありません。

色々といそがしい?。いやいや勉強は合間にするもんではありません。

ぜひ、【勉強時間】をなんとしてでも捻出してください。

それでしか、自分の望む志望校に続く線路には乗れないのですから。

そう、すべてがこの瞬間から始まるあなたの心がけ次第です!

2021年02月16日 14:21

公立中高一貫校へ入学後の油断禁物![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121③

この記事を見ている多数が、お子様が中学受験をされる保護者の方だと思います。

まさにその方々には、ぜひ聞いておいて頂きたい。

と前置きしておいて、大したことを言うわけではありません。

でも、絶対軽視しないでください。

中学受験をされる子供のほとんどが、本人の意思というよりも、自分の子供の将来を考えて親御様の希望からスタートしたことだと思います。

その意思に乗っかって、早ければ小学生の低学年から塾にも通い、6年生にもなると、家族一丸となっての受験ではないでしょうか。

さて念願叶って無事、公立中高一貫校へ合格からの話しです。

悲しいことに、高校受験など比ではない倍率を突破した粒揃いの賢い子ばかりなはずなのに、必ずと言っていいほどどの学校・クラスにも『落ちこぼれ』が出てきます(言い方が悪くてすみません)。

それはなぜでしょうか?

一番の原因は、長年志望の中高一貫校に入学してしまうと、高校受験もありませんし、つまり大学受験まではるか先ですので、全く油断してしまうからです。

本当に注意してください。

これは子供に向けての言葉ではありません。

そう、保護者の皆様に向けてものです。

親に押されて中学校に入った13才の子供たちに、大学受験を意識しろだなんて全くの論外。

お父さん・お母さんでさえ、まだまだそんなこと気にしていないはず。

誤っていけないのは、『高校受験がないから安心』だという発想です。

これって、逆に解釈すると、勉強しなくていいということですよね。

「いやいや、そこまでは思っていないよ」と言うかもしれませんが事実、落ちこぼれが出るというとは、勉強しなくなったということです。

では、なぜこういうことが起こるかというと、中学受験の頃は、家族総出で子供を応援し支援していたわけですが、中学に入ったら「やれやれ、ひと安心」と子供の勉強への関心がパッと知らずに消えてしまうからです。

それって子どもたちにとっては、親が故意的ではなくとも『今までここまでいっしょにやってあげたのだから、あとはお任せね』と言われているものです。

どうしていいのか、わからなくなるのも当然。

では、どうすればいいのか?

カンタン!

子どもの勉強への関心を今までどおり、いや今まで以上に持ってやってくださいね。

テストの成績の良し悪しでなく、しっかり日ごろからサポートしてあげてください。

くれぐれも塾任せにならないように。

もう一度言います。

必ず、落ちこぼれが出てきます。

2021年02月09日 14:12


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolスマホサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!