個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

Blu

HOMEブログページ ≫ 塾長の知恵ぶろぐ ≫

志望校合格を絶対勝ち取る秘訣![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201204①

これからをお話しすることを理解し実践することで、志望校への合格率が断然アップします。

さて、学校の普段の中間・期末テストでは平均点が出てきましたよね。

平均点より何点上だったとか、平均点がなかったとかで一喜一憂したと思います。

でも実はその平均点って、よく考えると存在しない数字です。

数学的にいうと、決して最頻値ではありません。

例えば80点が何人もいて、40点も何人もいるならば、結果60点が平均点となるわけです。

つまり、これってできる子とできない子に2分されており、学校の定期テストでは往々にして起こっていることです。

でも、入試では違います。

平均点があります。

平均点こそが意識すべき数字で、それが志望校の合格ラインとなるのです。

なぜかというと、皆さんは、ここだと志望校を決定して受験しますよね。

それが全員に起こっているわけです。

つまり、その学校を受験すると決めた段階で、ほぼ同様の学力の人間が受験するのです。

まさに平均点こそが、その学校受験者全員の学力です。

これをよく知った上で受験しようとすれば、その戦い方も変わってくるはずです。

ここに勝てる秘訣が隠されているのです。

もし入試で自分の出来そうにない問題ができてきた時は、迷わず後回しにすること。

自分ができないということは、となりの受験者も解けていないはずだから。

では、どこで勝負するのか。

学力が似た者どうしで勝負するときは、ミスをするかしないかが勝敗を分けるのです。

だから、自分で日頃できている問題は絶対に間違わないこと。

それこそが志望校合格への切符となります。

「解かない問題があって時間が足りなりなくて、問題を見直す間がなかった」なんてよく耳にしますが、絶対に見直し、凡ミスを防いだ方が有利!。

だって、みんなが平均点にいるということは、合否を分ける1・2点の違いに何人も存在しているという意味ですから。

それが多教科受験となるわけで、それで10点以上の差となっちゃいます。

怖い怖い!

自分にとっての難問を時間をかけて解いても、正解できなかった経験ありますよね。

仮にそれが解けても、10点もないはず。

だから、無理して難問を解きにいっては絶対ダメ。

そもそも入試問題は、学校の定期テストと違って、時間内の思考で100点取れるようにはなっていません。

入試に勝負していることは、それは・・・

『時間内にできるだけ多くの正解を出すこと』

と、学力が同じ受験者の間で競争なると自ずと・・・

『自分で解ける問題は絶対にミスをしない』

よくよく心得ておいてください。

2021年02月24日 13:59

伸び悩み・スランプの解決法![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121⑥

本題に入る前に、『もう受験生』と聞いて、どう連想しますか?。

普通、中3年・高3生と想像するのが一般だと思います。

いやいや進学高校あたりだと、高2の秋からもう受験は始まっているなんて言われるかもしれません。

なら、それでもけっこう。

実はこの発想の中に、『伸び悩み』いわゆる『スランプ』の秘密・原因が隠されています。

そしてそれは知れば、打開法も見えてくるはずわけです。

さて、『伸び悩み(スランプ)』って、何か明確な目標ができて、それに到達できそうになくなるからこそ、初めて伸び悩むわけですよね。

これを受験生に落としかえると、目標とは志望高校・大学への合格であって、その目標達成に向け、懸命に勉強しているけれども、そこに突如、壁が現れたわけですよね。

このぶち当たった壁、固くて壊れそうにない、乗り越えように高すぎるんじゃないかと。

つまり、このままじゃ、合格できないという壁です。

でも見方を変え、各個人で見ると、これという明確な目標を決めて勉強をしているわけですから、必ず誰しも成績が昨日よりも今日、今日よりも明日と着実に右肩上がりとなっています。

そうなんです。

誰しもがみんな一生懸命勉強して、成績は伸びているのです。

だからみんな揃って、成績がほぼ同じ角度の右肩上がり。

ここで忘れていけないのが、受験とは他人との比較・競争です

となると、『伸び悩み(スランプ)』の原因は困ったことに、自分の成績向上を示す傾斜の先には志望校がないということですね。

では、打開策・解決方法です。

答えは明快、2つの方法があります。

ひとつは、できるだけ早くから受験勉強を始めること。

当然、そうなりますよね。

少なくとも一般的な受験生よりか半年前、つまりみんなが本格的に受験勉強始める、中学生なら中学2年の秋、高校生なら高校2年の春です。

もうひとつは、ひとつ目に述べた時期がもう過ぎてしまっていた時です。

そう今すぐに自分昇る成績向上の傾斜角度を高めるしかありません

このままじゃあ自分の行く傾斜の先には志望校がないわけですから。

それに気付けただけでも、めっけもんです。

今すぐに自分昇る傾斜角度を高めるしかありません。

本当にその志望校合格を望むなら、今すぐ『覚悟』を決めてください。

部活帰りで、眠いなんて言ってられません。

ちょっと休憩、スマホで動画を見てる場合じゃありません。

色々といそがしい?。いやいや勉強は合間にするもんではありません。

ぜひ、【勉強時間】をなんとしてでも捻出してください。

それでしか、自分の望む志望校に続く線路には乗れないのですから。

そう、すべてがこの瞬間から始まるあなたの心がけ次第です!

2021年02月16日 14:21

公立中高一貫校へ入学後の油断禁物![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121③

この記事を見ている多数が、お子様が中学受験をされる保護者の方だと思います。

まさにその方々には、ぜひ聞いておいて頂きたい。

と前置きしておいて、大したことを言うわけではありません。

でも、絶対軽視しないでください。

中学受験をされる子供のほとんどが、本人の意思というよりも、自分の子供の将来を考えて親御様の希望からスタートしたことだと思います。

その意思に乗っかって、早ければ小学生の低学年から塾にも通い、6年生にもなると、家族一丸となっての受験ではないでしょうか。

さて念願叶って無事、公立中高一貫校へ合格からの話しです。

悲しいことに、高校受験など比ではない倍率を突破した粒揃いの賢い子ばかりなはずなのに、必ずと言っていいほどどの学校・クラスにも『落ちこぼれ』が出てきます(言い方が悪くてすみません)。

それはなぜでしょうか?

一番の原因は、長年志望の中高一貫校に入学してしまうと、高校受験もありませんし、つまり大学受験まではるか先ですので、全く油断してしまうからです。

本当に注意してください。

これは子供に向けての言葉ではありません。

そう、保護者の皆様に向けてものです。

親に押されて中学校に入った13才の子供たちに、大学受験を意識しろだなんて全くの論外。

お父さん・お母さんでさえ、まだまだそんなこと気にしていないはず。

誤っていけないのは、『高校受験がないから安心』だという発想です。

これって、逆に解釈すると、勉強しなくていいということですよね。

「いやいや、そこまでは思っていないよ」と言うかもしれませんが事実、落ちこぼれが出るというとは、勉強しなくなったということです。

では、なぜこういうことが起こるかというと、中学受験の頃は、家族総出で子供を応援し支援していたわけですが、中学に入ったら「やれやれ、ひと安心」と子供の勉強への関心がパッと知らずに消えてしまうからです。

それって子どもたちにとっては、親が故意的ではなくとも『今までここまでいっしょにやってあげたのだから、あとはお任せね』と言われているものです。

どうしていいのか、わからなくなるのも当然。

では、どうすればいいのか?

カンタン!

子どもの勉強への関心を今までどおり、いや今まで以上に持ってやってくださいね。

テストの成績の良し悪しでなく、しっかり日ごろからサポートしてあげてください。

くれぐれも塾任せにならないように。

もう一度言います。

必ず、落ちこぼれが出てきます。

2021年02月09日 14:12

子供にやってはいけないNG行動![和歌山市の個別指導イースクール]

中学210121

机で勉強することだけが、勉強のできる子供を作るわけではない!

勉強のできる子供にするための、親が子供にやってはならないNG行動

◎『テレビを見ながら指示を出す』
テスト問題を見たときのそのねらいに対する感受性の鋭い子は、例外なく他人の言葉に集中できる子です。
では子供ではなく、お母さん自身がテレビを見たまま、子供に「風呂に入りなさい」などと言っていませんか。
テレビを消して、親子の会話を持つことは、勉強のできる子供を作る第一歩だと思います。

◎『言い間違いを放置する』
子供の国語力は、本読みだけでなく、育ち(家庭環境)にも大きく関係しています。

日常での、親の「言語の論理性」や「コミュニケーション」に対する意識が高いほど、できる子供を育ちます。

親が率先して、わからない言葉や漢字はすぐに辞書を引くようにして、また子供が普段から言い間違った言葉には、すぐに言い直しをさせることが、とても大切です。

辞書はすぐに使える場所に置いておくことがよいと思います。

◎『他の子と比較する』

人間は本来、知りたい・わかりたい・よくなろうと自然に思うものです。

子供の場合は、その手段として学習に向かっていくわけですが、いったん自分を負け組と意識してしまった子は、すべてに対して、やる気をなくしてしまいます。

兄弟であれ、人と比較され、負い目を負った子供は「どうせ自分なんか」と自分自身を見放してしまうわけです。

いかなる学習方法・指導よりも、自分は愛されているんだと実感することが、子供を勉強に向かわせます。
日頃より、親は我が子を他の子供と比較するよりも、自信を持って我が子をたっぷりと愛することが、何よりも勉強もできすくすくと伸びていく子供を育てることに繋がるではないでしょうか。

2021年02月02日 14:36

全ては中学1年生の最後の成績から![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121⑤

『中学1年生の学年末の成績は、80%が3年生までいっしょ!』

中学3年生は受験シーズン。

でもこの時期、1年生も決して他人事ではなく、オチオチとはしていられません。

というのも、中学生に入ってから成績は概ね、1年生の2学期の期末テストから差が顕著に出始めます。

そして3学期の学年末テストで出た成績がそのまま変化することもなく、3年生までずっと推移する率がなんと80%もあるというからです。

つまり中学1年生が、2年生からいくらガンバっても、約20%の生徒しか挽回が出来ないということですね。

これはどういうことかというと、その子が中学1年生で1年間かけて培ってきた勉強のやり方は習慣化しており、それからいくら「もっと頑張るんだ」と言っても、実際はあまり以前と差はないからです。

塾に行って授業を聞いているだけで、安心していませんか。

塾に行かせているだけで、安心していませんか。

それだけでは、きっとあなたは80%の仲間入りですよ。

だって、それまでのやり方と大差はないでしょ。

このままずるずる行って、中学3年生になってから、「さあ受験生だ」といくら慌てても、一発逆転なんてありえません。

別に皆さんの不安をあおりたいわけではありません。

事実をただたんたんと述べているのです。

でもここで、『じゃあ、今からガンバっても、どうにもならないんだあ』って片づけないでくださいね。

話しはここからが本題。

中学1年生の学年末って、ことのほか重要だと分かって頂けたはずです。

ただ「これから頑張る!」ってだけじゃあダメだってことが。

数値化して言うと、君の頑張るってレベルは、ほんとは大したレベルじゃないってこと。

考えてみて!。100%力を出し切るつもりと言っても、ほんとちょっと力を抜いて80%だよね。

それって、ほんとに成績の良い頑張っている子から見ると、60%にすぎません。

テストの点数で考えればよくわかりますよ。

100点がほんとによく頑張っている子だとすると、次は頑張るって言っている多数派が平均点60点くらいでしょ。

だから、ほんとにそこを抜けだそうと思うなら、100%力を出すつもり頑張らないとダメ!。

「そっかぁ」って思うよね?。

まだダメだよ!。

『100%でなく、120%力を出し切るつもりで、とことん頑張って!』

その120%が、客観的に見て、ほんとの100%です。

受験シーズン。

中学2年生とっては、次は自分の番、受験生となるわけです。

でも中学一年生にとっても同じこと。

受験生ではなくとも、もう受験は始まっていますよ。

今日一日、今このひと時の頑張りが積み重なって、受験という他人を蹴落とす戦いの場で、追いつけないほどの学力の差って現れてくるのだから。

2021年01月25日 14:38

必見!受験当日の心得 [和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210111①

受験に失敗しないためにぜひ受験当日、実践してほしいことを伝授します。

一番知っておいて欲しいことは、【学力と実力とは違う】ということ。

いくら学力があっても、その力を十分に発揮できないと話しになりません。

本番に弱いタイプですね。

つまり、実力=学力×実践力であり、志望校に合格するためにこの実践力もすごく大切であることがわかりますね。

では、その実践力とは・・・ひと言でいえば、いかに現場で平常心を保てるか、心に余裕を持てるかです。

そのためには、模擬テストを受けて、慣れておくこともよいでしょう。

それ以外に、受験当日、ライバルと差をつけるために、ぜひ実践すべきことをあげておきます。

①受験当日は、いつもより早く起床。

身体は起きても、頭が完全に起きるまでには2時間かかると言われています。

ですので、朝7時までには起きておくことが望ましいです。

受験会場にも余裕を持って行きましょう。

それだけでも、ライバルより気持ち的に優位に立てますよ。

②持ち物として、エンピツや消しゴムは普段よりひとつ多く持って行きましょう。

使わなくてもそれだけで安心できます。

普段は使わなくても、お守りといっしょに、お守りがわりにカイロも持参すべし。

会場は暖かいとは限りません。

寒さでぶるぶる震えていては、肩にも力が入り、実力は発揮できません。

かわったところでは、絆創膏(ばんそうこう)。

テスト用紙の端で、指を切って、わずかの出血が気になったりしないように。

③テストとテストの間は、絶対に終わったテストの答合せを友だちと絶対にしてはいけません。

自分だけで違っていたりしたら、不安が増し、残りのテストに影響が出てしまいます。

④できれば、したくなくとも、休憩時間にはトイレに行っておきましょう。

普段とは違う緊張のあまり、テスト中に行きたくなったりすれば、それだけで時間ロスです。

⑤そしてこれだけは、何がなんでも心得ておきましょう。

【できる問題からしよう】。

志望校を決めた段階で、つまり隣に座っているライバルは、あなたとほぼ同じ学力です。

そのライバルに勝つ方法は、普段できる問題を絶対に間違わないことが重要。

君が解けない問題はライバルも解けません。

だからいかにミスを無くすかが大切です。自分にとって超難問に取り組むよりも見直しを時間の限りしよう。

また時間が足りなかったなんて、絶対にならないようにしよう。

できる子ほどその注意が必要です。テストで競っていることは、限られた時間で、いかに多く正解を導く出すかです。

鉄則ですよ。

⑥済んだことは気にしない。

例え、思ったように解けなかったとしても、次に科目のテストの引きずらいようにしましょう。

気持ちを一新してください。

君が解けなかった問題は、ライバルも解けなかったはずですから、心配いりません。

また、受験番号や名前を書き忘れたかもなんて、悩まないように。

受験番号順に座っているわけですから、全く問題ありませんし、減点されることなんてありません。

でも、忘れずに書こうね。それも心のゆとり。

以上、いかにいつもどおりテストに臨めるかが重要ですよ。

それと、くれぐれも体調管理は怠らないようにね。

2021年01月18日 14:45

受験パニック![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121④

受験シーズンですね。

いよいよ今までの努力の成果が試される時です。

でも「本番で実力を出し切れなかった」なんてことのないように、『受験パニック』についてお話します。

合格できる学力があるのに、試験中、頭が真っ白になってしまった・・・・。

受験のプレッシャーやストレスから極度の緊張状態に陥り、試験会場で十分に実力を発揮できなくなるのが、『受験パニック』と呼ばれるものです。

でも、適切な対処をとれば、回避できますので、その対処法を知っておくとよいでしょう。

受験パニックの症状は、過度な胸のドキドキです。

脳の緊張し、心拍数が上がり、さらにまた脳が緊張し、もっと心拍数が上昇、この際限ない悪循環に陥り、集中力が途切れてしまいます。

但し、心拍数の上昇自体は悪いことではありません。

適度な心拍数の上昇は、脳に血液が送られ、脳の機能をむしろ高めます。

試験に集中している受験生もまた、例外なく心拍数が上がっています。

過度のドキドキが、ダメなわけです。

そしてその原因は、受験生が意識しすぎ、否定的に受け止めてしまうことにあります。

「試験がうまくいかなかったら、どうしよう」と心のネガティブな恐怖心が、過剰なドキドキを生み、結果、頭が真っ白になってしまうのが、メカニズムです。

だから、このプロセスを知っているだけで、受験パニックが回避できます。

先に書いたとおり、心拍数が上がってきたら、自分にこう言い聞かせるとよいのです。

◎[この緊張のドキドキのおかげで、心臓から脳に血液を送られ、脳を活性化するんだ]と。

◎またもうひとつの方法は、試験の最中に緊張してきたら、身体を動かすことをおススメします。

肩や首を回して、関節をほぐす程度で十分です。

それだけも、脳をリラックスさせ、過剰な興奮を抑えることができますよ。

緊張した人が貧乏ゆすりをしているのを見たことがありませんか。

あれも無意識に身体を動かすことで、脳内のバランスを整えているのです。

でも、貧乏ゆすりは、ほかの人の迷惑になるので、おすすめしませんが。

手を膝の上に起き、指先で好きな歌のリズムでも刻むとよいのではないでしょうか。

勝負前のオリンピック選手にも、そんな人がいますよね。

積み重ねてきた努力が水泡に帰すことのないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もうしばらく、ファイトぉ!

2021年01月14日 14:33

小学生低学年のうちから集中力を育成![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121②

勉強には集中力が大切です。

例えば、同じ宿題をするとします。

一方は30分で集中して仕上げ、他方が1時間でダラダラ仕上げるとします。

同じ宿題量でも身についているのは、前者の集中型です。

でも学年が下がるほど、ただ『集中してしなさい』と言っても、なかなかできるものではありません。

それを放っておけば高学年や中学生にもなると、集中しないが当たり前、勉強がわからないことに慣れ、あきらめムードでボケーっと座っているに完全に慣れてしまうから恐ろしい。

だから、低学年のうちから、言い換えれば集中できなく、じっとしていられない年齢から、しっかり勉強する習慣をつけておくことが非常に大切ですし、その後の勉強(学力)に大きく影響します。

そこで、自宅でできる小学生低学年から『集中力をつける方法』をお教えします。

お母さんが、お子さんが宿題をするときにちょっとしたチェックしてあげるだけ。

①まずは何より、正しい姿勢。

腰が曲がったり、肘や、ましてや頭が机についていませんか。

勉強に集中していると、イスの背もたれに背中がついていません。

②勉強中に指先を動かして遊ばない。

例えば、無意識に消しゴムを鉛筆で突いていませんか。

ノートを見てあげてください。

消しゴムで消してた跡、黒く汚れていませんか。

それって消しゴムを指先で遊んで、手汗(油)でちゃんと消せなくなっている証拠です。

③ながら勉強の禁止。

使わなくとも、机の上から勉強に関係のない物(スマホ・漫画・ゲームなど)を置いておかない。

どうせ長時間宿題をしているわけではないのですから、ジュースやおかしも無しです。

④勉強は後回しにしない。

宿題は遊びに行く前にすること。ゲームやテレビを見る前にすること。

もちろん習い事を優先で結構ですが、宿題はその日のうちにしてしまうのが鉄則です。

例えば塾の宿題も、塾に行く前では、時間がなくテキトーにしかできませんよ。

この四つをできるだけを低学年のうちから、習慣つけてやってください。

そして、できたら必ず褒めてあげることを忘れずにお願いします。

お母さんに褒めてもらえることが、子どもたちにとって一番のモチベーションになります。

お母さんもお仕事などで忙しいとは思いますが、そんな可愛いうちから勉強に集中することを意識つけてやってください。

あとあと大きくなって、「勉強しろ!勉強しろ!」っていうのも面倒なので。

2020年12月21日 15:26

勉強の悩み、99%解決する方法![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121①

みんな、勉強について、大なり小なり悩みを持っていますよね。

・やる気ができない。

・数学の関数がわからない。

・英単語の暗記が苦手。

・歴史がどうも好きになれない。

・現代文の読解の勉強方法は?

・この調子じゃ、受験に間に合わない。

・志望校に点数が届きそうにない。

・今やっていること、将来絶対に使わないのに・・・

・そもそも、なぜ勉強をしないといけないのか?

それこそ考えればいくらでも出てきます。

でも、その悩みは決して悪いことではありません。むしろ素晴らしいです。

理由は、勉強するから悩みが生まれてくるのです。

勉強しないといけないと思うからこその悩みです。

悩みがないのは、よほど勉強に自信があるか、全く勉強をする気がない人だけ。

だから、安心してください。

悩みがあって当然。

それが勉強の原動力ともなるのです。

では、本題。その悩み、どうやって解決するのか?

ズバリ、勉強することでしか解決できません。

その悩みを忘れられるのも、勉強しているときだけ。

そんなこと言われなくても、心の奥で実はわかっているはず。

だから、勉強しないでいい理由を探すのはもうやめましょう。

その証拠に、成績・偏差値が上がっていれば、しめしめと思い、その時悩みもいくらか忘れられますよね。

ひとりにんまりして、喜びでもあるはず。

その静かなるモチベーションがまた次の勉強につながっていくのです。

さあ、わかったでしょ。

時間を無駄にするな!。

悩んでいても点数が上がりません。

すべきことはひとつ、勉強することあるのみ。

頑張って!

2020年12月14日 14:52

未来は今日始まる![和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生201018③

先日、高校生の塾生と話しをした時のひとコマです。

彼は毎日まじめに一生懸命勉強しているのですが、内容も難しくなってきていることもあり、どうも最近モチベーションが下がり気味でした。

先生(私): 高校生にもなったら、将来の自分とか行きたい進路・大学を日々思い描いて、勉強するようにするといいよ。そうしたらスランプの時とかも、乗り越えられるから。

A君:将来の夢とかって、別にまだ決まってないし。。

先生:そんなん当たり前やん。普通に、将来の夢とかってある子の方が少ないやろ。別に決めろっていうてんじゃなくて、今一番なりたい職業とか気になる仕事進路とか、今から考えてごらんってこと。別に明日になったら、その夢も変わってても全然ええんやで。

A君:そんな言われても、将来の夢とか未来とかって、わからんわ。

先生:わかってないなあ。未来って、いつ始まるか知ってるか?

A君:未来は未来・・先。。

先生:違う!。大人なってからと違うで。大学・就職してからとも違うで。

A君:じゃあ、明日。(冗談ぽく)

先生:それも違う。今日から。今から。。

A君:。。。。先生、なんかええこと言うてない? (ハッとした顔で)

先生:実は先生、最初に言うたん違うけどな。

A君:やっぱり。。(^。^)y-.。

果たして彼はわかってくれたのであろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The future starts today, not tomorrow.

(未来は今日始まる。明日始まるのではない。)

            ヨハネ・パウロ2 世

2020年12月10日 14:37


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolスマホサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!