個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

Blu

HOME ≫ ブログページ ≫

『やる気』がない理由(前編)[和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210609①

『やる気』のない子供に、いくら周りが「やる気を出せ!」と言っても、なかなか分かってもらえません。

というのも、もともと『やる気』が失せているから当たり前です。

アメリカの心理学者が、こんな実験を行ったそうです。

2頭の犬(AとB)に電気ショックを与えます。

犬Aの頭の横には板があり、その板を押すと、電気の流れは止まります。

犬Bは何をしても電気の流れは止まりません。

犬Aは、しばらくすると、板を押すと電流が止まることを学習し、

自発的に押すようになりました。

犬Bは、最初は動き回りますが、どうやっても電流を回避できないため、

やがて行動することをやめてしまいます。

その後、床の一部にしか電気が流れない別の部屋に移動させたところ、

犬Aは自発的に回避運動を起しましたが、

犬Bは、移動すれば電流が回避できるにもかかわらず、

行動することをしなかったそうです。

犬Bは、「何をやっても無駄だ」ということを学習してしまったのです。

どうですか。おわかりでしょうか。

人間の行動の場合でも同じことが言えるのです。

『やる気』のない子供は勉強するという行為に、「勉強してもどうせわからない、無駄だ」・「勉強してもなんら状況は変わらない」と学習してしまっているのです。

勉強にするという行為(わからなかったことがわかるようになること)に、

自然と関心が失せ、もう喜びを見い出せない。

そうなってしまった原因は、幼児・小学校と通じての数年にわたる体験結果にあり、またその子だけでなくその子を取り巻く環境(家庭・学校)の責任でもあります。

だから、『やる気』のない子供に、いくら『やる気』を出すようにアドバイスしたところで、さっとその子が『やる気』のある子どもに変われるわけがありませんよね。

(その対応・解決策につきましては次回にて、乞うご期待!)

2021年08月09日 15:27

夏期講習ずっと無料!【伏虎ゼミ校 特別企画】

伏虎ゼミ校【特別夏期講習】~伏虎義務教育学校の東側すぐ~
7月からずっと無料指導!(8月31日まで)
期間:今から8月6日(金)まで
対象:小学生は、算数を週1回(60分授業)
   中学生は、数学・英語を週2回(90分授業)
申込方法:お電話 ( 073-422-3055 ) か
     ホームページ (お問い合わせフォーム)より
さらに入塾された場合は、8月31日まで延長で無料指導致します。
注)先着で小学生5名・中学生5名とさせていただきます。
2021年07月26日 09:31

夏休み 作文の書き方![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210609③

みなさん、読書感想文など夏休みの作文の宿題に困ってたりしませんか?

何をどう書けばいいのか、わからない。

そもそも、作文(読書感想文)とはどういうものなのかが、よくわからない。

だから書けば、ただのあらすじになってしまう。

そんな子のために、作文(読書感想文)の書き方の基本を説明します。

このとおりにすれば、イヤイヤながらの宿題でも、高レベルなものが仕上がるはずです。

4段落に分けて、構成を先に考えておこう!

下書きですが、カンタンな箇条書きでかまいません。

各段落に書くべき内容は以下のとおり。

①第1段落の書き方

どんなきっかけでその本を読んだかを書く。

ドラえもんでいうと、ジャイアンにいじれられるところです。

「誰かすすめられた」とか、「本屋で、たまたま見つけた」とか、

その時の様子を少し詳しく書いてみよう。

②第2段落の書き方

本の内容を簡単に説明・紹介する。

ドラえもんでいうと、道具を出してもらうところです。

あらすじの紹介を書くわけですが、くわしく書く必要はありません。

内容で気に入ったところだけでもけっこうです。

③第3段落の書き方

ここが読書感想文の中心です。

ドラえもんでいうと、のび太が暴走しはじめるところです。

ここで、みなさんの個性を発揮してください。

・何を考えさせられたかを書く。

・不思議に思ったことを書く。

・自分ならどうするかを書く。

・自分なりに、どこがおもしろかったかを書く。

・主人公の行動を否定して、自分ならどうしたかを書く。

④第4段落の書き方

全体のまとめをします。

ドラえもんでいうと、最後にドラえもんにのび太が助けてもらうところです。

これからどんなことを考えていきたいか、自分の目標や

ものの見方の変化を書くといいでしょう。

書く上での大切なポイント

第1段から4段落までの比率はだいたい 1:1:3:2 です。

要は、第3と第4段落でいっぱい書くようにしましょう。
優等生な意見よりも、自分の意見を素直に書きましょう。

感想文ですから、わかりきった「思いました」という言葉を使いすぎないように。

また、できるだけ、「おもしろかった」や「感動した」という言葉を避けて、自分なりの表現方法を考えてみてください。

以上のルールをマネして、読書感想文を書けば、きっと、キラっと光るものが自然とできるはずです。

さあ、みなさん!

さっさと仕上げて、残りの夏休みをエンジョイしよう!

2021年07月22日 13:41

夏期講習 4回分 無料指導!【紀の川ゼミ校 特別企画】

R3四回無料チラシ裏

紀の川ゼミ本部校【特別企画】
4回分 無料指導!

対象:小学:3年~6年生、中学:1年~2年
授業:小学生は、算数を90分か60分×4回
   中学生は、数学・英語を90分×4回
申込方法:お電話 ( 073-472-1578 ) か
     ホームページ (お問い合わせフォーム)より
さらに入塾された場合は、入会金を半額の7150円に致します。
注)先着で小学生5名・中学生5名とさせていただきます。

2021年07月21日 10:08

数学が得意なるとは!?[和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210609②
数学が得意となるためには、「計算」は難なくできるというのは必須条件です。
例えば、中学生であれば、小学生で習うかけ算の九九や分数の約分・通分は当たり前のように使いこなさなければなりません。
その上で必要となるのが、各々の単元の「解法のテクニック」を身につけることが要求されます。
出題パターンに沿って、それの適した解き方が導き出せるようになるまで、演習することが必要です。
でも、例題にならい、解き方自体を真似ているだけではレベルアップにつながりません。
野球やテニスに例えるなら、闇雲に素振りだけをしても、ゲームでは勝てませんよね。
レベルアップを図るには、繰り返し演習しながら、なぜこの問題には、この解き方を必要なのかを意識しなければなりません。
正解を導く出すには、何が問題であって、その為には、何が必要とされるのか。
それを出題パターン別に、自分なりに頭の中で、整理整頓することが重要です。
ボールが来たなら、それに合わせて自然とバットやラケットが振り出せる感じです。
あたふたと考えているようでは、まだまだ演習不足です。
でも、このレベルでは成績普通の域を抜け出せません。
繰り返しこなれてくると見どころが移り、問題自体だけではなく、その先の出題者の意図するところが見えてくるようになります。
この問題では何が試されているのか、何をすることを望んでいるのか、問題を少し読み進めただけで予測できるようになるのです。
同じ問題を解くにしても、そのレベルに意識を持ってくるかで、出来(成績)は全く違ってきてします。

相手が投げてくる前、サーブしてくる前に、相手の手元を見れば、ある程度予測できてしまう領域ですね。
よく「やる気・本気を出しない!」なんていますが、実にあいまいな言葉で、この号令だけでは効率よく勉強でもスポーツでもレベルアップに繋がらないのは想像していただけると思います。
必要なのは、問題意識をどこに持っていくかであり、見えてくる課題とその解決方法を予測する想像力を養うことがすごく大切になってきます。
教える側としても、当事者にとっての課題を的確にしてやることこそが本当に必要なことだと思います。
といっても実際は、受け取る側の感度(聞き流してしまうか、なるほどと思い実践するか)によって、結果(成績)に大きく差が出てくるのも現実です。
ただ問題の解き方を説明するだけでは終わらせたくない私みたいな者にとって、どう導いてやれるかは永遠の課題ですね。
2021年07月08日 14:00

やる気とは?![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210117④

子供が『やる気』を見せていたのにもかかわらず、テストの点数はもうひとつってありませんか?
不思議ですね。
子供自身にとっても、やる気はあったはずなのにって、不思議に思っていたりします。
どうしてこうなっちゃうか?
理由は、カンタン!
実は、『やる気』って言ってながらも、その『やる気』ってことが漠然として、曖昧な言葉だからです。
子供の『やる気』を測るために、私(塾長)がよくやる方法があります。
色々と問題を解説中に、「これは、テストに出るから、よく聞いておくんだよ」と声を掛けます。
すると成績のよい子供は、例えそれがカンタンな問題でもよく聞いていますね。
成績が普通な子は、それが全部理解できるような問題でなくても、それなりに聞こうとします。
成績が悪い子は、最初から話し半分でしか、聞いていません。
面白いですよね。
テストに出るって言っているにも、この『やる気の温度差』。
そうです!
『やる気』とは、『成績を上げようとする気持ち』があるかってことです。
これをちゃんと理解しているか。
競技スポーツでいうなら、勝つ気持ちの度合いです。
となれば、『やる気があるのか』という言葉でなく、もっと具体的に『成績をあげる気持ち』があるのかと問うてやるべきですね。
だって、成績の悪い子ほど、この【やる気の正体】を理解していないのですから。
成績を上げる為には、子供の学力(理解力)に関係なく、まさに『成績をあげる気』があるのかと問うてみる。
でないと、「そうするためにはどうすべきか」という次の具体的な行動が生まれてきません。
「テストにここ出るよ」と言ってのに、反応薄くボケっとしてるようでは、成績上がりませんよね。
成績向上のガキは、成績をあげる意識の差であって、本人の気づきに大きく左右されます。
スポーツで勝っ気がない者には当然勝てるはずもないのといっしょで、勉強もおんなじことです。
勉強する子供にとって、【やる気とは、成績を上げる気持ちをしっかり自覚すること】だと明確に方向付けやることが何よりも重要です。
やる気とやっているフリとは別であって、求めてられのは真の意味での[やる気]であることをズバッと指摘してやること。

2021年06月08日 12:53

むくわれない努力!?[和歌山市の個別指導イースクール]

中学生210117③
定期テストが終わると、『あんなに頑張ったのに』とか『けっこう努力したのに』とかいう子がいますよね。
これは、努力していない(頑張っていない)時に使う、成績の伸びなかった一番の言い訳です。
親が我が子に対して、なぐさめの言葉として使ったりもします。
親にこれを言われると、子供は努力しなくなったりもします。
許してもらった時に常套句、『次は頑張る(ってね)』ということですから。
さてこの、努力する(頑張る)という言葉には、温度差があり、2種類があります。
実はこの捉え方で、はっきりと勉強のできる子とできない子に別れます。
例えば、暗記しなければいけないことがあるとします。
2者とかもちろん覚えようとしますが、成績のよい勉強できる子は、全部覚えてしまうまで頑張ります。
そうすることが、努力することだと思っているからです。
一方、成績の悪い子は、頑張って覚えようとしますが、中途半端に終わり、覚えきれていません。
でも、本人にとっては、これが努力したことだと信じています。
こういった子は親からも「努力したのにね」・「次は頑張ってね」なんて言われるから、当然と言えば、当然ですね。
このように、[結果を求めしっかり暗記しきってしまうこと]と[暗記しようとする行為だけ]との温度差、どちらを【努力した】と捉えるかが、お子様の成績を大きく左右し、点数となって現れてくるのです。
テストの点数の悪かった子からすれば、できる子を指して、「あいつは頭がいいから」とか「すぐに暗記できてしまうし」なんていうかもしれませんが、それも大間違い。
勉強できる子の方が絶対に勉強時間が長いはずですし、【やりきる努力】を積み上げてきたからこそ、暗記時間も短くて済むようになったのです。
努力とは、やるきる力を指します。
暗記してしまうまで、覚えてしまうまで、時間をかけて頑張ってください。
その時間がないなら、遊び・スマホの時間を削って、その作りましょう。
いくら頑張っても覚えきれない、それは努力したといいません。
覚えきって、暗記しきってこその努力ですから、必ず報わるもの。
お母さんも、子供のテストの点数が思うようによくなかったら、はっきりと言ってあげてください。
『頑張っていない』・『努力していない』と。
だって実際に、100%頑張っていないでしょ。
2021年06月01日 14:31

『ものを覚える』記憶の仕組み![和歌山市の個別指導塾イースクール]

中学生210117②

ものごとを覚えることを『記憶』と言いますが、

その仕組みについて少し説明・・

『記憶』する仕組みには、2種類あります。

・短い期間しか覚えていない「短期記憶」

・ずっと覚えている<strong>「長期記憶」

短期記憶とは例えば、聞いて覚えた電話番号も、かけてしまうとすぐに忘れてしまうような場合です。

それに対し長期記憶とは、何年も覚えている記憶で、ふつう記憶というとこの場合を指します。

長期記憶にも、3つの種類があります。

ひとつは「体で覚えた記憶」で、一度覚えばまず忘れることはなく、何年かぶりに自転車に乗っても運転できるような場合です。

ふたつ目は「経験として覚えた記憶」で、旅行に行ったことのような、物語のように覚えている記憶のことです。

これは、その経験の印象が強いほど長く記憶に残ります。

3つ目は、「知識として覚えた記憶」で、漢字や地名など、暗記に属するもので、一度覚えても、使わなければ忘れてしまいます。

さて、記憶には、『脳』が深く関わっていますが、記憶の種類によって、関係する脳の場所が違います。

「体で覚えた記憶」は、脳の大脳基底核と小脳が関わり、いつまでも残ります。

「経験として覚えた記憶」と「知識として覚えた記憶」は、脳の海馬というところで整理された後に、大脳皮質と箇所に移されて、記憶として蓄えられます。

つまり、新しい記憶が海馬に、古い記憶が大脳皮質に残るわけです。

アルツハイマー認知症(ぼけ)などは、海馬がうまく働かなくなる症状で、新しい記憶は忘れ、昔のことは覚えていたりするのはこのためです。

では本題⇒ 学習の記憶力を高める方法(覚えておく工夫)とは・・・

上記の流れから言えば医学的に、脳の海馬を働くをよくすること。

実は、海馬は寝ている間に記憶を定着させようとするそうです。

だから、寝る前に学習をして、十分に睡眠を取ることが重要です。

徹夜や一夜漬けは、せっかく記憶してすぐに忘れてしまいますよね。

また、経験としてできるだけ覚える記憶に近い方が効率的です。

声に出したり書くことで、海馬が「これは大事な情報だ」と判断し、記憶が定着しやすくなります。

でも、何よりも記憶力は高める方法は、『努力』につきますがね。

つまらぬオチですみません。

2021年05月24日 14:19

志望高校を早く決めた方がいい理由![和歌山市の個別指導イースクール]

210117①
中学3年生のみなさんへ
今、まだ行きたいと思う高校が見つかっていないという人はたくさんいると思います。
でも、とりあえず志望高校を決めるようにしましょう。
もちろん後から変更しても全く構いません。
志望高校を決めておく最大の理由は、その方が確実に成績が上がるからです。
今まで何度も経験している定期テスト(中間・期末テスト)と、高校入試とは全く別です。
というのも、定期テストは、例え成績が悪くても、言い逃れができました。
的が外れた!とか、授業中の先生の説明がわからなかった!とか、そもそもやっている単元の内容が全くわからない!とか。
そんなもの、ただ勉強をしなかったお母さんへの言い訳でしかありません。
高校入試は、そんなのも全てないまぜにしての容赦なし、結果(成績)が全てです
高校受験は大学受験と違って、浪人なんてまあしませんから失敗は許されません。
だから最終的に、受験に失敗する=志望高校どころか選ぶ高校さえなかった言い訳なんて、誰にする言い訳ですか?
悲しいかな、そんな言い訳にかける言葉(次はガンバレ)もありませんし、『もっと早く勉強しとけば』なんて後の祭りでしかありません。
もう一度、言いますね。
高校入試は、テストの結果が全てです。
志望高校をとりあえずでも決めておこう(今のところでもかまわない)!。
そしてここが重要、その高校に入るためには、どれくらいの成績が必要で、またどれくらい成績が足りていないのか、ザクっとでも把握しておきましょう。
仮に5科目合計で、100点足りていないのであれば、どの科目でその点数を補うべきかもしっかり考えてみましょう。
そうすれば、社会は暗記がめんどくさいとか、わからないから捨てるなんて、言ってられないのがわかるはずです。

不得意科目を捨てて、君は得意科目でライバルと差がつけることができますか?
受験勉強なんて、めんどうなのは百も承知、でも嫌いな科目であってもやるしかないのが受験です。
避けては通れない道。
それなら、ごちゃごちゃ言う間があれば、英単語のひとつ、社会や理科の用語のひとりでも覚えましょう。
そんなの、やるかやらないかだけ!
志望校を決め、真正面から受験に立ち向かっていこうではありませんか!
2021年05月11日 14:32

小学生のみなさん!勉強ができるようになりたいですか?[和歌山市の個別指導イースクール]

小学生210121①

勉強ができる子になりたい小学生のみなさんへ

次のことを実行してください。きっと勉強できるようになるでしょう。

1、元気なあいさつ

2、くつはそろえる

3、ピンと背筋を伸ばした正しい姿勢

4、寝る前に、布団の中で『お母さん・お父さん、今日もありがとう』と唱えよう。


どれもカンタンなことでしょう。

意外!?ですか。

他には、『家族みんなのためのお手伝い』なんてのも、かなり学力アップに有効です。

えっ、ホント! 

全部、勉強と関係ないだろッ!て、思うでしょう。

いやいや、大ありです。

これらはひとことで言えば、全て『生きる力』の源です。

なんで?と考える前に、一度、やってみてください。

どれもすぐにできるはずです。

するとなんだか自然と、体のウチから『人間力(生きる力)』エネルギーが湧いてきます。

この健やかな『人間力』がたまってくると、次第に『勉強をつかさどる脳』が活発に動き出すのです。

ホント、不思議ですよ。

さあ!ぜひみなさんもダマされたと思って、試してみてください。

勉強のやる気・集中力が高まるはずです。

テストの点数を上げるテクニックは色々あります。

でもそれって『人間力(生きる力)』の持たない、全く意味のない学力であって、あなたの将来にはなんの役に立ちません。

2021年04月26日 17:23


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolスマホサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!