個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

Blu

HOMEブログページ ≫ 受験パニック![和歌山市の個別指導イースクール] ≫

受験パニック![和歌山市の個別指導イースクール]

中学生201121④

受験シーズンですね。

いよいよ今までの努力の成果が試される時です。

でも「本番で実力を出し切れなかった」なんてことのないように、『受験パニック』についてお話します。

合格できる学力があるのに、試験中、頭が真っ白になってしまった・・・・。

受験のプレッシャーやストレスから極度の緊張状態に陥り、試験会場で十分に実力を発揮できなくなるのが、『受験パニック』と呼ばれるものです。

でも、適切な対処をとれば、回避できますので、その対処法を知っておくとよいでしょう。

受験パニックの症状は、過度な胸のドキドキです。

脳の緊張し、心拍数が上がり、さらにまた脳が緊張し、もっと心拍数が上昇、この際限ない悪循環に陥り、集中力が途切れてしまいます。

但し、心拍数の上昇自体は悪いことではありません。

適度な心拍数の上昇は、脳に血液が送られ、脳の機能をむしろ高めます。

試験に集中している受験生もまた、例外なく心拍数が上がっています。

過度のドキドキが、ダメなわけです。

そしてその原因は、受験生が意識しすぎ、否定的に受け止めてしまうことにあります。

「試験がうまくいかなかったら、どうしよう」と心のネガティブな恐怖心が、過剰なドキドキを生み、結果、頭が真っ白になってしまうのが、メカニズムです。

だから、このプロセスを知っているだけで、受験パニックが回避できます。

先に書いたとおり、心拍数が上がってきたら、自分にこう言い聞かせるとよいのです。

◎[この緊張のドキドキのおかげで、心臓から脳に血液を送られ、脳を活性化するんだ]と。

◎またもうひとつの方法は、試験の最中に緊張してきたら、身体を動かすことをおススメします。

肩や首を回して、関節をほぐす程度で十分です。

それだけも、脳をリラックスさせ、過剰な興奮を抑えることができますよ。

緊張した人が貧乏ゆすりをしているのを見たことがありませんか。

あれも無意識に身体を動かすことで、脳内のバランスを整えているのです。

でも、貧乏ゆすりは、ほかの人の迷惑になるので、おすすめしませんが。

手を膝の上に起き、指先で好きな歌のリズムでも刻むとよいのではないでしょうか。

勝負前のオリンピック選手にも、そんな人がいますよね。

積み重ねてきた努力が水泡に帰すことのないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もうしばらく、ファイトぉ!

2021年01月14日 14:33

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolスマホサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!