個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

Blu

HOMEブログページ ≫ ⑨賢(かしこ)くならずにはいられない 【マル秘 勉強法... ≫

⑨賢(かしこ)くならずにはいられない 【マル秘 勉強法】 click

北原

間違いだらけの暗記の常識 『書いて覚える』。気をつけてください!
例えば、英単語ひとつ暗記するのに、ひたすら書き続ける子がいます。もちろん、ただ眺めているだけよりはよっぽどマシですが、実はただ書いているだけなのと、ただ眺めているだけなのは大差がありません。
英語が苦手で入塾した子に、私はよく「これらの英単語を暗記してごらん」と課題を課します。するとノートにひたすらその単語を書き続けます。しばらくして暗記チェックしてみると、やはり単語を覚えられていない。あんなに書いていたのにって、落ち込む姿。その子は真面目に誰から教わったとおり、ただ見るだけでなく、ノートに書いて暗記しようとしていたのに、不思議ですね。これでは本人も苦手意識だけが残り、やる気が失せて当然です。
では、何がいけなかったのか?
理由①「英単語の意味は知っていても、発音の仕方を知らなかった」。普通ありえないと思いますが、それだけにそこまで言ってあげて、チェックを必要とする場合もあります。
理由②「暗記を意識せず、書いているというよりも、ただひたすら写しているだけ」。これでは小学生のお絵描きと同じですね。やはり、暗記ですから、ある程度、写し書きしたら、何かで隠して、見ずに書くようにしないとダメですよね。これも、ここまで言ってあげて、フォローを必要とする場合もいます。
こんな子たちは、決してできない子ではなく、忠実に大人のアドバイス「暗記は書いて覚える」を実践しているだけです。小学校の時の漢字の学習を思い出してください。学校の先生がひとつひとつの新出漢字を説明し、それを宿題として毎日少しずつ暗記していきました。漢字練習帳は生活の一部であったし、仕上げとして小テスト〔暗記確認〕までの一連の流れは、まさに活きた体験であり、経験であったはずです。小学校までは、先生が手取り足取りそこまで指導フォローしてくれました。ですが、中学校からは全て生徒まかせです。暗記は誰に言われなくとも全て子供自らがする作業となります。あるとすれば、アドバイスとして例の言葉、【書いて覚える】。これで出来る子はいいでしょう。でも、いきなりの生徒への丸投げは、しない子というよりは、できない子も出てきて当然ですね。
早く・正確に・忘れない効果的な暗記方法とは、小学生の時に漢字の学習で実践した方法【体験・経験として】覚えることです。英単語だけでなく、全ての教科の暗記に通じます。まずは覚えるための学習ですることを自覚すること。人に言われたとおり、ただ紙に書くでは、絶対ダメ。次にただ書くだけでなく意識的に、意味を理解し読み方ももちろん覚えて、発音することも大切です。実は発音という耳を使った学習を加えることで、目だけの暗記法より想像以上に効果が高まります。人から言われたちょっとした言葉がずっと心に深く刻み込まれてしまうこと、みなさんもきっと経験しているはずです。
前回からの「語呂合わせ」の続きになりますが、効果的な記憶法とは、単なる知識の暗記よりも、経験としての暗記を意識し、頭でなく体で覚える感覚を自分なりに工夫し養うようにしてください。

2016年09月08日 15:25

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolスマホサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!