個別指導 e school  紀の川ゼミ本部校・伏虎ゼミ校|和歌山市

子どもが自らの目標を達成できるように導く【子】【別】【志】【導】学習塾

個別指導e school

HOME ≫ 塾からのお知らせ

塾からのお知らせ

和歌山市の個別指導|ロボット教室(10/28) #ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット教室171028
今回は、相手のロボットに接近すると竹刀を自動で振り下ろすケンドーロボを制作。格闘系ロボットの改造には、子どもたちもいつになく力が入りますね。見てください。イスがあるのに、みんな座るのも忘れて没頭しています!
2017年10月28日 15:43 |コメント|

和歌山市の個別指導|ペットボトル募金?!

ペットボトル募金
(↑ ↑ ↑ よく見ると、ペットボ トルの中には一円玉が入っています)
10月31日、もうすぐ『ハロウィン』。お化けになって仮装行列しようっていうあれですが、近年ますます話題になってきていますよね。巷でも、かぼちゃのマークが溢れています。
こんな海外からの輸入アクティビティでもうひとつ、『ファンドレイジング』ってのも最近じわじわきています。まだまだ聞き慣れない言葉ですが、「寄付や募金活動を通じて、社会貢献しよう」という活動のことです。小中学校の総合学習の時間でも取り上げられたりしているところもあるようです。
この塾の入り口にも日本盲導犬協会のワンちゃん(お店のレジ前にあるやつ)が座っていますが、それ以外に私の思いつきで、この夏から新しい募金活動を始めています。
題して、≪宿題やって、みんな幸せになろう作戦≫です。
仕事は社会貢献の対価。いい仕事は今の勉強の先にあるもの。でもその勉強もままならず、健康でさえ脅かされている子供たちが世界にはたんさくいるのが悲しい現実。それならばと・・・
小学生が対象で、ゲーム感覚で始めた募金アクティビティ。ルールは二つ。①塾に遅刻しない。②宿題は忘れてこない。守れれば私が1円、その子のペットボトルに投入。それをみんな競って貯めていく。で、いっぱいなったらゴール。それをユニセフ(世界の子供達を守る募金)にでも寄付する予定です。
塾の子供たち、私にとっても大義なんて全くなく、正直単なる遊び感覚ですが、それでも自分の日々の生活の積み重ねが、人の役に立つようなことにつながっていくんだと、それとなく感じてもらえたらと思っています。
2017年10月24日 14:22 |コメント|

和歌山市の個別指導|秋の2週間 無料体験

H29 秋チラシ体験募集
夏も終わり市内各中学では、2学期の中間テストが終わったところ、もしくはもうすぐといったところですね。どの科目も1学期とちがって、断然難しくなってきています。2学期の期末テストではさらにももっと難しくなってきますよ。だから1学期と同じような気持ち・やり方では成績は上がりません。部活動も3年生が抜けて気持ちも一新、さらに気合が入れる時期ですね。文武両道! イースクールは、頑張る君をサポートします。2週間 無料体験学習を実施中!。学年別で定員を制限していますので、お申込みは今スグ!。まずはお気軽に、お電話もしくはメールにてお問い合わせくださいませ。
紀の川ゼミでは、週末実施≪ロボット教室≫の体験学習も受け付けております。そちらの方もどうぞ!。
2017年10月04日 16:09 |コメント|

和歌山市の個別指導|成績保証できる理由

1年テスト対策

なぜ成績保証を言い切れるのか。みなさんに向かって、成績保証を謳う理由を説明します。

ひとことで言えば、他塾との違いとして、この塾では『意気込みだけでなく、本当に子供たちに寄り添っているぞと宣言です。
どこの塾でも、「ウチは子供たちの勉強をしっかりとフォローする指導システムが整っています」というはずです。
でも、それは仕組みにすぎません。どこでも、先生が一生懸命分かりやすく説明してくれます。「わかったか。こうして解くんだぞ。じゃあ、宿題はしっかりやっておくんだぞ」。授業最後に少なからず宿題提出が課せられます。そして次回、先生がその提出されたテキストノートをチェックして、「質問はないか?。よく頑張ったな」と労をねぎらってくれます。しっかりとしたよくできる子はどんどん成績を伸ばしていきます。すばらしい仕組みですよね。

でも、この方法では教室現場でいる私にはすごく物足りないのです。そのやり方で付いてこれる[よくできる子]なんて、全体3割くらいです。それ以外の普通の子はどうなるのですか。きっと多少なりとも消化不良を起こしているはずです。私はいつも全員の宿題にも目を通しながら思うのです。この問題、この子はなんで解けなかったのか。全く分からなかったのか、手抜きなのか?。単なる計算ミスなのか?。どう解説・解決してやればいいだろう。

次回、授業では当然、その子が間違った訳を解説してやります(これができていない塾があります。一度、お子さんに聞いてみてください)宿題をしてこなかった子にはその理由を聞き、宿題の必要性を説いて聞かせます。また手抜きの宿題も見逃さないようにしています。その子に手を抜いた箇所を指摘し、丁寧にやり直しをさせます。

めんどうですが手間をかけること、これがイースクールの授業での生徒たちとのやりとりです。

勉強のやり方を知っている賢い子は自然と成績は伸びていきますよね。でも大半はふつうの子です。その子たちの面倒を形ばかりでなく、しっかりと内容まで寄り添って看るようにしています。そうしたいのが私の性分。だからこそ、成績保証を声を大に言いたい。

じゃあ、この塾なら全員がそんなに成績アップするのか?って聞きたくなりますよね。。隠さず申し上げれば、答えはNO,私の力量不足ゆえに実際100%ではありません。その時はごめんなんさいm(__)m。でも今まで成績が上がらなくて、保護者の方からお叱りをうけたことありません。

2017年09月27日 15:15 |コメント|

和歌山市の個別指導|ロボット教室(9/23) #ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット教室170923
今回は、壁にぶちあたると、向きを変えるロボット【う王さ王】を作製しました。モーターで動くのですが、壁に当たったパーツが連動したスイッチにその力を伝え、向きを切り替える仕組みです。子ども達は最初、そのしくみが全くわかりません。でも制作していくうちに、その仕組みが見えてくるわけです。なるほど!と。学びの喜びって、こういうことですよね。この感覚が新しいことを知るという学習意欲を育てるのだと思います。
2017年09月26日 15:28 |コメント|

和歌山市の個別指導|成績保証制度!

H29秋 成績保証チラシ
塾生に寄り添える指導に絶対の自信があります。
日々の通塾の中で、子供たちに『成績の上げ方』を教えてあげたい!。
みなさんはそれを実践するだけ。
『やればできる!』
それを実感できることを保証する制度です。
2017年09月07日 15:56 |コメント|

和歌山市の個別指導|ぐんぐん成績アップ消しゴム

消しゴム
ウケ狙い・イチビって、完全オリジナル『ぐんぐん成績アップ消しゴム』を作りました。
いつも手元においておいてもらえればと、ケースに成績を上げる為の掛け言葉:『素直に』【わかる】・『丁寧に』【できる】・『続ける』【使える】と印字。400個のみの作製でしたので少々お高くつきましたが、「これをただの消しゴムとするか、プレミアム消しゴムにするか、君たち次第だ!」と塾生たちにもれなく配布。
お店じゃ買えないよとふれこむと、やっぱり小学生、素直に喜んでもらえました。でも、中学生にもなると、そのプレミアム感に喜んでもらえる子もいれば、逆に「これで成績が上がれば苦労せえへんわ!」とは言い出す子も。そんな反逆児には、日頃の掛け言葉(上記)をねちっこく言って聞かせると、人知れず筆箱に大切にしまってくれたみたいです。勢いにまかせた想定外の出費でしたが、子供達に楽しんでもらえたようなので、まあ作ってよかったかな。
2017年08月30日 15:34 |コメント|

和歌山市の個別指導|夏の最後は模試で力だめし

H29夏模試
夏休みの終わりもいよいよ終わり、恒例の全国の塾が参加する模試を実施しました。学校の定期テストと違って、やはり手ごわい。中3生にとっては、あってないような夏休みの集大成です。志望高校の合格判定も出るとあって、気合十分。終了した時は、みんなお腹ペコペコ、頭を使うとお腹も空くのですね。何はともあれ、夏に培った勉強クセをさらに磨きをかけ、秋からの受験勉強の荒波に立ち向って行ってもらいたいものです。夏休みにコツコツと勉強に励んだ子とそれなりの子、その勉強の習慣の差が、2・3か月もすれば実力の差となって歴然と現れてきますよね。毎日毎日、それこそ一時間一時間を大切にしていきましょう。
2017年08月28日 13:52 |コメント|

和歌山市の個別指導塾|ロボット教室(8/26) #ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット170826
もうすぐ夏休みも終わり、今回は前回作った愛犬ロボット『リトルドッグ』を改良を加えました。目的はいかに早く歩かせるかです。ギアの円運動を4本の足の動きに変えるリンク機構を解説した後、みんなで改造タイム。子供たちの工夫もさまざま。足の動きを色々と変えてみたり、バタつく足を滑らないようにしてみたり、左右に揺れる重心を安定させる工夫をしてみたり・・・。逆に安定の悪さを活かし、しっぽを振るようにしてみたり、偶然の産物ですが子供たちの発想には毎回驚かされますね。
2017年08月27日 15:57 |コメント|

和歌山市の個別指導塾|ロボット教室(7/22) #ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット教室170722
今回はリモートコントロール式の2足歩行型相撲ロボット『横綱ロボ』を制作。教科書を見ながらベースとなるロボットをまずは作成。その後、作ったロボットで相撲をとらせます。ルールは明快、倒れれば負けです。子供たちにはまず『重心の位置』について解説、高いと倒れやすくなることをロボットを改造して体験してもらいました。その後、みんなでアイデアを出し合い切磋琢磨。床との接地面を広げたり、滑りにくくするために輪ゴムを活用、はたまた両手が同時に電動で動きますので相手をすくい上げる動作を加えたり・・・。さっそく夏休み最初のいい思い出になったんじゃないかなぁ。
2017年07月22日 15:41 |コメント|


紀の川ゼミ本部校

〒640-8391
和歌山県和歌山市加納262-9
【四ヶ郷小学校 正門前】
TEL: 073-472-1578

伏虎ゼミ校

〒640-8043
和歌山県和歌山市福町37
【城北公園の東側お城寄り】
TEL: 073-422-3055

コース案内

モバイルサイト

個別指導 e schoolモバイルサイトQRコード

個別指導 e schoolモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • facebook
  • Twitter